2日連続更新計画-DAY2-野球編-

野球

早いもので2日連続更新最終日千秋楽です。前日の記事はコチラからどうぞ!




春が訪れ、色づく桜を眺めつつ鳥のさえずりに耳を傾ける。

すると聞こえる・・・







プレイボーーーール!!!!!!
そう!野球だよ!

今日は野球少年の藤田大知としての記事です。趣味です!自己満足です!

さて、さっそくですが先日行われたWBC。結果は残念でしたね。
ですが2次ラウンドは予想通り期待以上の結果で準決勝も最後まで楽しめました、日本代表ありがとうございました!

小久保監督もプレミア12での悔しい思いを取り払う素晴らしい采配でした、計り知れない重圧の中ベスト4は国民皆が満足しているはずです。本当にお疲れ様でした!

今回のWBC、すごく盛り上がったと思う!野球ファンが増えてくれたら嬉しいなー!
結果はアメリカの優勝だったのもある意味よかったのかもしれない。

なぜならWBC決勝は毎回アメリカなので、現地民の関心もグッとあがったはず。
集客できなければイベントは継続できません。今回のアメリカ優勝で次回大会の集客率がアップするのは間違いないでしょう!

そしてそして実はですよ?まもなく!(もれなく)国際戦ラッシュが!(国際線と変換ミスしがち)まもなく!(二度目)訪れるのですよ!(キター!!!)

2019年プレミア12(世界ランク上位12国での大会)
2020年東京オリンピック(野球復活)
2021年WBC(世界一奪還へ)

これは長生きするっきゃないとおじいちゃんと約束しました!楽しみだなー、何と言っても普段は敵チームの主戦力が味方になるというワクワク。これはもう最高ですよ!

ワクワクしすぎて普段あまり使わない「!」マークが序盤のスライムのように出てきますね!

そして今年もやります、日本一視聴者の少ない順位予想2017!!

当たった例がないで有名な本ブログでの順位予想。でも言い訳させてください、順位予想は外れたほうがおもしろいんです!弱いと前評判のチームが優勝したらそれはもう月9で放送するしかない感動超大作ですよ!

ってことで外れたときの予防線ははったので順位予想に参ります!


1位カープ
2位ベイスターズ
3位ジャイアンツ
4位タイガース
5位ドラゴンズ
6位スワローズ

です。

カープは強いよ!投手陣は見ていて気持ちがいい!左投手でドンピシャが現れれば最強。
打者も魅力ある選手がたくさんいるしV2あるんでないでしょうか。

ベイスターズは2位、もしくは優勝してほしいの。
筒香一人でも3位にはこれそう。あとは投手陣と守備が強化できればありえる!

ジャイアンツは打撃陣がね、ここ数年しめっています。1年ちょっとでよくはならないよ。
橋上コーチ率いる戦略室をバラした過去は悔いても戻りません。
外人に頼らず岡本、吉川など若手を使ってください。統一球時代からの投手頼り野球から卒業してくれー!

タイガースは数年計画で上昇していくんじゃないのかな。
高山くんが本当に羨ましい。メッセンジャーに頼りすぎているところが見えるので早急に柱を育てなければですね。

ドラゴンズはどうなのでしょう、あまり良いニュースを見ません。
まずは球場をもっとファンが楽しめるように工夫してほしいです。ファンあってこそ!

スワローズは相変わらずけが人がでますね、他にもWBCでバレンティンが疲労しているのは間違いなく、きっと後半戦にはケガで出場せず、メジャーを目指し退団もありえます。
山田選手もデッドボール以降インコースの捌きが以前より消極的に見えます。3年連続トリプル3は全チームファンが望んでいるはず。個人成績に100%してほしい!


続いてパ・リーグ!

1位ソフトバンク
2位ファイターズ
3位ロッテ
4位オリックス
5位ライオンズ
6位イーグルス

ソフトバンクの戦力で2年連続Vならずはいかんでしょう。
工藤監督もプレッシャーとの戦いだと思う。途中で大型戦力補強がありえる球団なのでAクラスは間違い無し!

日ハムは去年の勢いってのは異常だった。あれを年間で通すのは厳しいと思う。でも強い、すごく強い。

ロッテはセリーグでいうカープのようにファンが熱い!
石川が最多勝取れればAクラスいける!

オリックスはなんで近年勝てないんだろうか?
ごめんなさい詳しくないです。

ライオンズ。牧田は大事に使ってください、日本の宝です。

イーグルス。嶋を大事にしてください、プロ野球選手の鏡です。


ごめんなさい、セリーグにくらべてパリーグは知識が足りません。でも野球を愛する気持ちは変わりません。
応援しているチームももちろんありますが、敵チームでも素晴らしいプレーには拍手をおくりますし、若い有望選手の出現はいつでもうれしいです。

今年もいよいよ球春到来です。

開幕戦は3月31日!みんなで野球を見よう!





securedownload (1)




山梨県で活動するマジシャン藤田大知のホームページは
こちらからアクセス。是非ご覧ください。

twitterアカウント
あわせてどうぞ。
みなさまのアクセスお待ちしております。




スポンサーサイト

WBC

野球

文字にするには内容が熱すぎて、みんなにみてもらうには文字数が多すぎてしまう。
そんな気がして避けてきたWBCの記事。もう我慢の限界です書きます。

日本強いですね、当たり前ですが強い。なぜ当たり前かというと日本は野球の世界ランキング、堂々の一位なんです。
知らない方多かったのではないでしょうか。実はそうなんです。だから強いのは当たり前田のクラッカーです。

ここまで全勝してきて、昨夜は強豪オランダに勝利。
延長11回、まさに死闘を制したわけです。

今日はこれまでの戦いや、これから、そして不安要素、野球ファンとして素直に思うことを綴りたいと思います。

では始まります。
なんといっても坂本、菊池の二遊間コンビですよ。おそらく、いや絶対に過去最高、日本史上最高の二遊間。

正直言って日本人でここまでの内野守備をできるコンビを見れる日が来るとは思わなかった。
この二人なくして日本の全勝はなかったでしょう。

そして小林選手の活躍。
「キャッチャーがいない」というのが日本のウィークポイントだと、大会前はさんざん言われ続けていました。
それを全て黙らせたのが、黙らせるどころか称賛の声に替えたのが小林誠司。

投手をリードする雄志、勝負強い打撃。どれをとっても今大会一級品。
この姿を見て野球をするならキャッチャーをやってみたい!という少年がでてきてほしい、そう願います。

次に筒香、中田の左右の大砲。
ここで打ってくれと願った15秒後にはダイヤモンドを優雅に回るその姿がある。

その他にも紹介したい選手はたくさんいますがベストプレーヤーはここまで。

そしてこれからの戦い、不安要素ですがこれはあくまでも野球小僧であるただの少年の一意見だと思ってください。

次戦は火曜日、キューバですがこれは問題ないでしょう一度勝利しているのはもちろんですが、恐いのはデスパイネその一人。
全打席敬遠でもそれが絡む失点はせいぜい3点。慣れない日本での生活、連戦の疲れを貯めたキューバの投手陣から4点は難しいことではありません。

そして水曜日のイスラエル戦。
メディアはこぞって「イスラエルが強い」とこれの一点張り。そんなの素人が見てもわかります、日本と唯一の全勝ですから。
ですが全く問題ありません。なぜなら日本が唯一恐れる「一発」があまりなく、三振も多い。
イスラエルの選手は選球眼が良くフォアボールをよく取っているようですが、日本の投手はフォアボールが少ないですから関係ありません。
ただ投手陣がいいですね、ゴロを打たせるのがうまいようです。併殺打をとられないようバント、盗塁といった戦術が大切になると考えます。
ですが抑え投手が毎試合フォアボールをだしているので勝負がもつれても終盤で1点はもぎとれるはずです。

ここまでポジティブでもう優勝しそうな感じですが、そうもいきません。

なんといっても今回投手陣が万全でありません。日本の防御率は3,32で今大会6位、正直悪い方です。
やはり岩隈、ダルビッシュや前田健太、田中将大といった世界を経験した先発投手の存在は大きいです。
彼らがいればまさに百人力ですが・・・
今の日本の投手陣ですと9回を4,2,1,1,1回と投げて計9イニングという感じですね。
ですが理想は7、1,1。先発が7回をドシッと投げるそんな野球です。

全員が全員調子いいなんてことはなかなかありません。
そう考えると少ない投手陣でその日の状態のいい選手を使い別投手は温存したいですよね。
今大会、絶対的な先発投手は菅野くらいではないでしょうか。もちろんみんな素晴らしい投手ですが先発完投型ではそうかなと感じます。これが唯一の不安要素。

そしてこれからは野球ファンとして素直に思うことです。

それはまだまだ日本に有利な状況なのは間違いないのに状況は50:50であると思われているところ。
考えてみてください、行ったこともない国の慣れない環境での生活、時差ボケの調整、身体の大きい選手には狭いホテル生活。
それに球場は99%アウェイです。

昨日のオランダ戦がまさにですが、延長11回の戦い。それはもはや体力だけの問題ではありません。気力、メンタル要素も大きいはず。
今まさに深夜0時をまわろうか、その中で5万人の応援があるか、はたまた5万の逆風があるか。この差は大きいはずですよ。そんななか戦い抜いたオランダを敵ながらあっぱれと拍手を送るのが日本人の心だと思うのです。

そして日本は本日、月曜は休養ですがオランダは19時からイスラエル戦です。
昨日の敵は今日の友、応援しましょう。

もちろん日本を応援するし絶対に勝ってほしい。でも他国へのリスペクトも決して忘れてはいけないと思いました。

はい、そんなところです。
本当はあと2万字は書きたいですが言葉を選んで書いていたらWBC終わってしまいそうなのでこのへんで締めくくります。

がんばれ日本!





securedownload (1)




山梨県で活動するマジシャン藤田大知のホームページは
こちらからアクセス。是非ご覧ください。

twitterアカウント
あわせてどうぞ。
みなさまのアクセスお待ちしております。




日本シリーズ

野球

やっていますねー、日本シリーズ。
プロ野球というのは

セントラル・リーグ6球団
パシフィック・リーグ6球団

に分かれて1年を戦い、それぞれ上位3球団によるプレーオフが行われるわけです。

3位対2位の勝者が1位と決戦。
そのまた勝者がリーグの代表として日本シリーズに出場出来るのです。

日本シリーズは4勝先取で、その年の日本一の球団が決まると。

今まさに真っ最中。
セントラル・リーグからは広島カープ
パシフィック・リーグからは日本ハムファイターズ

が出場し、現在は
カープ2勝
ファイターズ3勝

つまり、ファイターズが王手をかけました。

なぜ結果が出る前にこんな記事を書き始めたかというと、優勝が決まる大一番を少しでも広めたかったのです。

永遠の野球少年の純粋な独り言、よかったら見ていってください。

今回のおもしろいポイント!

第一戦、第二戦はカープの地元広島で行われ、結果はカープの2勝
第三〜五戦はファイターズの地元北海道で行われ、結果はファイターズの3勝

すごくない?すごいよね?すごいんです!

ホームの球場というのはもちろん慣れもあると思いますが、ファンの声援は凄い。
カープの試合なんてね、球場が真っ赤に染まるの。

ファンがみんな真っ赤なユニホームを着て大声援。

いわゆる「カープ女子」野球場に女性が増えたのも野球ファンとして本当に嬉しい。

根っからのカープファンは「カープ女子なんてにわか」と毛嫌いするようですが、それはどうでしょう?
野球への気持ちが0から1になってくれたことを感謝すべきと思うんです。

ユニホームがかわいい、帽子が可愛い、かっこいい選手がいる

なんだっていいと思う。その0から1になったカープ女子が10年後あなたのような根っからのカープファンになっているかもしれないしね!

大谷というスター選手の誕生、世界で活躍し最後は日本でと帰国した黒田選手のラストイヤー
見どころはたくさんあります。

次は29日土曜日、場所は広島。

地元じゃ負け知らずの両チーム、結果はどうなるか・・・楽しみで夜しか眠れません!

試合は土曜なので、金曜はちょっと暇になりますね・・・

あれ?
10月28日㈮ 18:15〜18:45 YBSワイドニュース
があるぞーーー!!!

これは見るっきゃない!




securedownload (1)




山梨県で活動するマジシャン藤田大知のホームページは
こちらからアクセス。是非ご覧ください。

twitterアカウント
あわせてどうぞ。
みなさまのアクセスお待ちしております。




順位予想2016



いま野球界は深い闇の中にありますが、その中心は私の好きなジャイアンツであるのが事実ですね。

なので浮かれて順位予想なんてよろしくないかとは思いましたが野球ファンとして今シーズンは野球を楽しみます。

ジャイアンツはもちろん好きだけど心から応援出来るのはもう少し先です。
野球はもちろん好きなので世間に愛されるスポーツであり続けてほしいと祈ります!

だから今年もやるよ!順位予想!来年の自分が見て楽しめるようにね!

まずはセリーグ

1位・スワローズ
今年は抑えがいない、投手力の低下から厳しいという声が多いですが抑えというのは主に3点差内での登板ですよ。
あの攻撃陣で4点差つければいいんです。
やはりホームランがある野球は魅力的なので野球ファンが増えるためにも中軸の選手には頑張ってほしいです。

2位・タイガース
こちらも抑えがいないと言われていますが、シーズン途中で藤川が抑えに配置転換すると予想。
1イニングだけならあの球威は健在。
打撃はヤクルト以外の5球団はどっこいなので広い甲子園の分点の入らない野球では有利なのではないでしょうか。

3位・ジャイアンツ
若い投手が訳あって数名辞めていますね。
やはりその穴は大きいですよ、捨てゲームでも良いピッチャーを使う分、シーズン後半戦に支障がでるはず。
打撃で安定感を期待できるのは長野、立岡くらい。
その立岡もフルシーズン打席に立つ体力がまだないので優勝を決める9月が正念場。
期待する選手は
田口、田原、菅野、長野、立岡、小林です。
逆に不安は澤村。

4位・カープ
マエケンの抜けた穴はどんなピッチャーでも埋めることは出来ない。
希望はエルドレッドと新井。
とは言えど若い投手が豊富なので戦い方はいくらでもありそう。
ローテーション、継投がびしっと決まれば3位もある。

5位・ドラゴンズ
キャッチャーが固定できて新外国人が大当たりなら順位を上げれると思うけど、明るいニュースがあまりないので急に上位は厳しいかと。

6位・ベイスターズ
やはり投手、守備の不安は1〜2年では拭えない。
ジャイアンツの次に好きな球団だし応援したいけど狭い球場な分、投手力が順位を決めると言っても過言ではないかと。


続いてパ・リーグは簡潔に。

1位・ホークス
すっごく強い
2位・日ハム
強い
3位・オリックス
強い
4位・ロッテ
ナバーロ次第
5位・ライオンズ
強いけど他が強い
6位・イーグルス
急に天然芝になったら外野守備も少し大変そう。
他に明るいニュースがあまりない。

CSは10勝投手が何人いるかで決まりそう。
とにかく先発だと思う。

今年は暗いニュースで開幕を迎えてしまいました、選手一人一人が最高のプレーを魅せることで少しでも野球を良いものだと伝えてほしいです。

野球ファンは安い謝罪より熱いプレーを望んでます。





securedownload (1)




山梨県で活動するマジシャン藤田大知のホームページは
こちらからアクセス。是非ご覧ください。

twitterアカウント
あわせてどうぞ。
みなさまのアクセスお待ちしております。




原辰徳

野球


「どんなときも強い気を持ち、弱音は吐いたことがない。」

私の未だ続く青春の大きな一章は原辰徳という男でうめつくされている。

ジャイアンツという球団を12年にわたり率いて、そして黄金期を築き上げた背番号88は憧れであり、尊敬すべき姿だった。

松井がホームラン、上原が完投、高橋由伸がダイビングキャッチ。

数々のスターが野球少年を育てていき、ここにもジャイアンツの勝利に一喜一憂する人間が完成された。

私が昔見ていたジャイアンツは1にホームラン2にホームラン、3も4もホームラン。

華々しく鮮やかで、しかし脆くもある球団だった。

父が「ジャイアンツらしい試合だ。」と言ったらそれは10対6とか8対7。
翌朝の新聞で試合結果を知るときは9回まで0以外の数字が並ぶシーソーゲームばかりで、例え負けても松井が打ったからいいやなんてご機嫌にしていた。

しかし3年5年10年と進むと、統一球問題や投手の技術の急上昇によりそれは対照的となった。

2対1や1対0。引き分けもグンと増えた。

変わり行く野球のあり方の中で巨人軍が揺らがぬように支え続けてきたのが原辰徳監督。

5点とられたら6点取ろうというジャイアンツを4点に抑えて勝とうと、1点が追うときは4番だろうが年俸5億だろうがバントをさせて確実に追いつく。

「ジャイアンツらしい試合」をひっくり返すにはどれほどの勇気と覚悟が必要だったろう。
そして新しい巨人軍を積み上げたのにはどれほどのエネルギーを使っていたのだろう。

背負続け、歩き続けたこの12年間の轍を振り返った時、原辰徳の存在の大きさに気づく。

喜びとプレッシャーは都合よく半々などとはいかず、期待と落胆では後者が勝ってしまうことも多い。
二度目の三連覇からむかえた今季はその象徴とも言えよう姿だった。

原辰徳は退任会見で、「夢の続き」はあったかという問いに「全うし、満足している」と答えた。

しかし私の夢にも続きがある。

それはもう一度、背番号88を背負った男がジャイアンツの指揮を取り、宙に舞う姿をこの目に収めること。




私は原監督の大ファンなのです。退任に驚き、寂しくもあります。
彼の言葉の力はいつでも励みになっていました。
お疲れ様でしたなんて軽い挨拶ではすまない苦労があったと思います。しかしジャイアンツファンは贅沢を望みます。
また帰ってくることを信じ、応援し続けます。




山梨県で活動するマジシャン藤田大知のホームページは
こちらからアクセス。是非ご覧ください。

twitterアカウント
あわせてどうぞ。
みなさまのアクセスお待ちしております。



プロフィール

1989daichi1226

Author:1989daichi1226
山梨県で活動するマジシャン
藤田大知のブログ。持病である「マルファン症候群」と向き合い活動中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR