知ってもらいたいこと。

だいち

知ってもらおう、そうしよう。

レコーディングエンジニア、チケットもぎもぎ男としてお世話になっていたKAZOOHALL、

しれっとですが、6月中にやめました。

ライブ数たった2度のぺーぺーのバンド、オフダストライプですが。

年末に控えてた企画も中止、参加予定だったオムニバスも不参加、活動は無期限で行いません。
私個人の音楽活動もありません。

しかしながらKAZOOHALLもバンド仲間も変わらず仲良くしてくれているので、だいちといいます私は大変に喜んでおります。


見るからに病弱な私ですが、マルファン症候群という遺伝子疾患があることが判明しまして、

数万人に一人という宝クジを引き24年目を過ごしています。

手足が長いのも細いのも背骨まがってるのも鼻血がでるのも肺気胸もジャイアンツファンなのも。

「マルファン症候群」のまさに症状だったのです。

残念ながら、遺伝子の問題なので治る病気ではなく、起こりうる最悪を回避できるようお医者さんと仲良しこよし歩いていくしかありません。


この病気の一番の最悪。それは大動脈解離をおこすことです。

簡単に言うと心臓爆弾です。
爆発しても助かる奇跡もあるけど、そのまま妖怪ウォッチの仲間になる可能性が高いそうです。


精密検査を受けた結果、
2~3年の間にそれが100%おこると言っていい。と宣告されました。

今はなんとかそれを避けようと策をネルネルしてる段階です。

はやく2番の粉を混ぜて色を変えたいところですが、

いまはまだ心臓爆弾は薬を服用して様子見です。
年内、来年春には具体的な対策=手術が決まるのだと思います。


ついでみたいなんだけど、脊椎側湾症という背骨がSじに曲がっている症状を年内に手術で矯正することが決まっています。これもマルファンの症状の一つなのです。
わたくしめは成人して骨の成長もとまっているため8時間ほどのの大手術になるそうで、そんなに日中お寝んねしたら術後の夜は寝れるか今から心配です。

いよいよ人造人間ダイチマンがスタートします。人生打ち切りにならぬよういっぱいご飯食べようと思います。

生身でいれるのもあと数ヶ月なんだよねー、
術後は規制もある。うつぶせすらも良くないみたいで、野球なんてもう満足には出来ないんだろう。
やったことはないのですが、グレイシー柔術ももうできそうにもありません。
ジャイアンツに指名されても拒否しなければとおもうと辛いけど俺の夢はパワプロに託すんだ。

この病気はね、ちょいと前まで寿命は平均30年といわれていたの。
でもダイジョーブ博士たちの研究のおかげでね、十分な検査と予防を早期から受ければ60年まではヨユウデショー。となったみたい。

だから10年後にはまた更に研究が進んで10万とんで28歳くらいまで伸びるんじゃないかな?

世の中には自分がマルファン症候群だと知らずに過ごしていて10代で大動脈解離をおこし後日、息子さんは実は・・・

というケースがまだたくさんあるんだって。

そんななか俺は幸いにも24年間生きてこれたし、自分の病気を知れて対策をねりはじめた。
立派に長生き券を手に入れることができたのね。

だからその券をしっかり使わなきゃと思って、少々身体に負担のかかるバンド関係はおやすみしようと決めたんです。

究極完全体グレートダイチになったらもう一回なんかやるから見に来てね、ライブ見る分にはなんの問題もないから誘ってね。

本当に普通にしてる分にはみんなとなんも変わらないから、むしろ適度な運動はした方がいいって言われてるし、遊びの誘いが励ましになりますので、数少ないお友達、これからもたくさん遊ぼう。


本当はこんな記事書く予定もなく、病気のことも数人に知ってもらえたらいいやと思ってたんだけどね。

お医者さんに、この病気と向き合うにはまず自分の周りの人間ひとりでも多くに認知してもらうことだって言われて。
ダサいけど病気自慢したよ。

まだまだ知名度の低い病気だし俺が有名になってひろめるしかないね。

うわぁ・がんばろう・・・ビッグになろう・・・

だからね、俺も残念だけど残りの人生が70年くらいしかないから、いいことをいっぱいしていくよ。

PS.
マルファン症候群と診断されてから、とあるパチンコ屋を見るたび親近感がわきます。
スポンサーサイト

時間というもの。



はやくね、前回記事から二ヶ月って嘘じゃん。はやくね。

記事書いたのに保存になってて更新されてないとかやばくね、二ヶ月って嘘じゃん。はやくね。やばくね。

では二ヶ月ぶりの私をどうぞ。


キャー!選んだカードを簡単に当ててしまうなんて素敵!

高校時代に獲たテクニックで満足し、中途半端にショーをしている自分を激しく遺憾に思い、

最近は苦手だったテクニックやコインマジックにフォーカスし、時間を有意義にしている。


そこで思った、昔はテクニックをものにするまでの集中力がものすごく、習得するまで本当にそれ以外なにもしなかったな、と。

冗談抜きにご飯とお風呂以外はカードを常に持っていた。

飲食店でも料理を待つ時間も練習

学校も休み時間は練習

しかし、24歳。

練習中に野球観戦(村田またゲッツーかよ!)

練習中にYouTube(エガちゃんそろそろ仕事選んで長生きしてくれよ!)

練習中ににゃんこ大戦争(アップルストアで検索)

集中力がないでやんす。

でも今の時代って便利だね、YouTubeに世界中のマジシャンがテクニック自慢をひろげている。


そこでコインマジックを見つけたんだよ。

シンプルにコインが消えるだけなんだけどね、なんか不思議だったんだよね。

なんとなくわかるし、なんとなく出来そうなのに、なんか自分とは違う。

自分のコインの見せ方は全然魅力ないのに、なんでこの人の45秒の動画何回も見ているのだろう?


気づいたらその人と同じコインを注文していたのであった。(コインって高い)


コインマジックってね、本当は500円玉とかでやりたいんだけどさ

パフォーマンスとして考えたときにやっぱりね日本円って小さいんだよ。

そのまんま日本をあらわしているように小さい。(日本ディスってる訳じゃねぇぜ)


よく使われるのがハーフダラーというコイン。

ちょいデカめ、見やすい。

まれに使われるのがワンダラー。

デカめ、ちょー見やすい。

例えばね、

コインを握って消える。

シンプルな現象があったとして、その対象は大きければ大きいほど、不思議も比例して大きくなる。


1円玉が消えてもどっかに隠せそうだよね、

でも隠すには無理がありそうなコインが消えたら

どこ行ったんだ?

と、隠せそうという疑問から謎という不思議に変わる。

どうせなら馴染みのある日本円!

という理論も捨てがたいけど、結局は怪しい怪しいマジック。

大きく見やすい、より不思議。

選ばない手はないでしょう。ズバリそうでしょう。


高校生の頃はねコインマジック全然好きじゃなかったの。

田舎のぺーぺーの昔話なんて興味ねえよ、と思っていますね。これがメンタリズm....

語らせてくれよう。

なぜってカードなら、はいこれでなんかしてって一組渡されたらカードを当てたり、エースが揃ったり色んな現象が起こせる。

数時間は簡単に潰せる。

はいこれでなんかしてって500円玉一枚渡されても消して出す消して出すの繰り返し。
準備が良ければでっかくなっちゃうかも知れないけどね。

圧倒的にできることの数がカードの方が多い


という浅はかな考えからコインとは疎遠に生きてきました。

しかし先ほど書いたようにYouTubeで動画を豪快に公開していた方に後悔させられる事になる。


シンプルに消して、シンプルに出す。


これが実に難しく、大変に面白かったのです。


ぼくも、じょうずにできるようになったらみんなにみせます。がんばります。


と心に決めたのである。


注文していたコインが届いた。

早速開封し、鏡を前に座る。

時刻は午後6時、ジャイアンツ戦がはじまった・・・

コインは今サイフの中だ。

村田は今日もゲッツーを打っている。


コインは今サイフの中だ。
プロフィール

1989daichi1226

Author:1989daichi1226
山梨県で活動するマジシャン
藤田大知のブログ。持病である「マルファン症候群」と向き合い活動中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR