判断と決断というもの。

だいち


予定では年内に背骨を矯正する手術を受ける予定だったんだけど、大きなことだし大きなことなので(大事なことなので二回言いました)

セカンドオピニオンを受けようと思い、先日「東京大学医学部附属病院」へ行ってきました。

なぜ東大かというと、毎週木曜にマルファン外来という日があるらしく、レディースデーならぬマルファンデー。

ちょっと違う意見も聞いて今後の相談でもして帰ろう〜くらいの気持ちでマルファン外来を受けてきました。

もし受けたい方がいらしたら事前に電話予約をするといいです。
7月半ばに電話をして最短が9月11日だったので、一ヶ月〜くらい先の予約になるはずです。

さて、その判断がまた大きな決断につながるのですが、結果から言いますと

11月7日に、心臓、大動脈、漏斗胸の手術を受けることになりました。

24年の人生でおそらくいちばん大きな決断になったと思う。

マルファン症候群は大動脈が破裂し突然死することが最も恐れられているのですが、私は2年ないし3年のうちに起こる可能性が100%と宣告されていました。

しかし山梨で検査、治療する過程では年内は様子見で、まずは脊椎側湾症の手術を。
となっていたのです。

しかしセカンドオピニオンで東大を受けたところ、現在の大動脈の拡張の度合いがすでに即手術をすすめる段階で、他の手術を受けることはかなりリスキーであると説明されました。

通常32mmほどの血管が拡張しているのですが、私の身体からみると40〜45mmが手術の適応時期だそうです。

それが現在48mmになっています。

先延ばしにすればするほどリスクは高くなるので、早期に予定を組んでもらい東大病院で手術を受ける運びとなりました。

難しい話ばかりだけど、ようは長生きしますって意味です。

はじめて東京にロングステイする。ジャイアンツの選手が手術前日に来てくれてホームランの約束してくれる妄想が捗るよ。

ま、予定では11月7日なので。みんなの元気玉頼むよ!
スポンサーサイト

楽ということ?



TVで知ったのだけど、最近のプラモデルの中にはニッパーなど工具を一切使わずに作れるものがあるらしい。


しかも組み立ても、繋がったまま二つ折りにすると組みあがる。


誰でも簡単に、安全に、確実に出来る訳。


これは喝以外のなにものでもないでしょう。


ニッパーという普段使わない工具に興奮し、

バリを取る作業に職人魂を感じ。

パーツAとBを組み立てた直後、パーツCをその間に挟むことを知り落ち込み、

完成したそれは不格好なほ愛着が湧くのではないか。


簡単にできるから小さい子供に与える。

果たしてそれでいいのか、苦労して、手こずって失敗しながら完成したそれの方がずーっと思い出に残るような気もするよ。


俺も昔作ったミニ四駆まだ覚えてるもんね、


あの白いやつ、


あのモーター、黒いの


あの主人公のやつで、


なんか電池もなんだか






なんだっけ
プロフィール

1989daichi1226

Author:1989daichi1226
山梨県で活動するマジシャン
藤田大知のブログ。持病である「マルファン症候群」と向き合い活動中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR