東京の旅・日曜編

マジック


日曜、月曜は東京にいました。
ブログの更新頻度をあげる裏技を使い、前編・後編と分けまして今回は日曜編を記事にします。


マジックのコンテストに応援に行ったのですが、誰の応援かと言いますとマイホームグラウンドである山梨のお寺で修行をされてる五太子君というマジシャンの応援です。

同じコンテストに出場したこともあり、五太子君が挨拶に来てくれたのがきっかけで仲良くなりました。

私も何度かコンテストには出場し、結果も少しずつではありますが実ってきましたのでその実をシェアしようと特訓したのです。

最初に演じてもらった日を思うと本当に頑張ったんだなと感動する演技でした。

技術的な事もですが、やはり「気持ちよく見てもらう」工夫が大事と考えていて、その点をみっちり指導しました。

毎晩のように手直しした手順を動画に送ってくれ、更にアドバイスをしの繰り返し。

彼はとても真剣に取り組んでいました、そして貪欲に修正点を求めそれをクリアしていく器量もあり必ず良い結果が出ると確信したものです。

引っ張りましたが、結果は準優勝でした。
素晴らしいの一言。五太子くん、本当におめでとう!

前々日の夜まで練習動画を送ってくれ、当日の演技では更によくなったものを見せてもらいました。

あっぱれ!誇りに思います。
彼は僧侶の修業中の身で練習する時間も限られているのです。
その中あそこまでの成長を成し遂げたのは勝ちたいという気持ちで練習を繰り返したその努力のたまものであります。

また、人に素直に「教えてくれ」と頼むのは以外と難しいもので、頼まれた側も本気を感じなければそれに見合った事しかできません。

彼の貪欲にアドバイスを求める姿勢、練習に取り組む努力、吸収する器量は私も見習わなければなりません。

自分が賞をもらったかのような気持ちになってきました笑

本当におめでとうございます。

他のコンテスタントの演技も不思議な内容ばかりで自分が仮に出場していても上位入賞は厳しい大会でした。

その後は仲良くしてくださっている先輩方と食事へ行き、とても幸せな時間を送りました。
感謝しきれません。

たった数時間、身体を揺られに任せていると東京という街に来れるわけですが、こんなにも収穫があると思うとやすいものです。

皆様も機会がありましたら数時間、身体を揺られに任せて山梨へお越しください。

桃とぶどうが収穫出来るはずです。





securedownload (1)




山梨県で活動するマジシャン藤田大知のホームページは
こちらからアクセス。是非ご覧ください。

twitterアカウント
あわせてどうぞ。
みなさまのアクセスお待ちしております。




スポンサーサイト

懸賞

だいち

私が小さい頃、小学生の頃かなー。小さいと言ってもすでに160cmありました。

とあるテレビ番組が好きで、「進ぬ!電波少年」というもの。
「進め!電波少年」の後番組というかシーズン2の感じなのかな、「め」の字がにゅっと伸びて「ぬ」

えぐい企画が多くて当時は笑えていましたがたった10年ちょっとでもテレビの常識は変わるものですね。
今では絶対に放送できません、人間の限界を越えてます。

その中でも「電波少年的懸賞生活」という企画があったのを覚えている方いますかね?
どんな企画かというと

・懸賞で当たった物のみで生活をし、当選総額100万円でゴール。

ルールはこれだけのシンプルイズヘル、シンプルが故に地獄のような企画。

支給されるのは部屋、はがき、ボールペンのみ。

つまり、食事はもちろん石鹸も歯ブラシもトイレットペーパーもなく、衣類ももちろんなし(ずっと裸)

米が当たるも鍋や炊飯器がないので、空き缶をコンロにかけ炊き、もちろん箸もないのでボールペンで食べます。
食料が尽きたときはドッグフードを食べていました(なぜ応募したのか)

無事100万円達成するその間11ヶ月を部屋にこもりっぱなしで行われたものです。

開始早々テレビが当たるも線がないので映らず

開始中盤ゲームソフト「電車でGO!」が当たるもゲーム機がない。

開始終盤とうとうゲーム機が当選。その後3日間ぶっ続けでゲームをする流れが最高でした。

懐かしみと番組の内容を語ると文字数がとんでもないことになるので検索してみてください、グレーですがyoutubeで見れます。


さて、なぜこんな話題かといいますと懸賞って良いですよねなんかワクワクします。

ほしいけど買いたいほどではないものって意外とあるもので。それが雑誌の懸賞にあるとおっ!となります。

長い前フリがすみましたのでここで思い出話。

中学生の頃。当時はMDが大ブームでみんな音楽を聴く環境はMDでした。
そんなときにSONYさんからでたMDコンポがかっこよくてねー、4万くらいだったかな。すっごい欲しかったけど当時の私には4万円は大金ですのでぐっと我慢したのです。

ん待てよ?今でも十分大金だぞ!4万円!

誕生日が12月26日、クリスマスとも近いのでそこでおねだりかな~と企んでいたある日です。
少年ジャンプの懸賞のページにあるわけですよ、そのお目当てのコンポが。

当然、当選は1名様。

「当たるわけないよな〜」と応募事項を書きポストへ。

すると1ヶ月後くらいかな学校から帰宅すると「藤田大知様」と書かれたダンボール・・・

こ!これは!!!!と胸を高まらせ慎重に開封(A型なので丁寧にガムテープを剥がします)

すると!まさに!願った!MD!コンポ!うおーーーー!!!母ちゃーーーん!!!!

初懸賞が1名様の商品に当選って凄くないですか?
ジャンプの懸賞当選者発表にもしっかり私の名前があったので大事にとっておいたものです。

懸賞ってだいたいが欲しいものはないけどこの中だったらこれかな〜くらいの物が多いでしょう?
それが喉から手と足とその他もろもろが出るほど欲しかった物ときたらテンションがまあ上がること。

これを書いていてなんか当時を思い出しテンションあがってきました笑


それを皮切りに遊戯王カード、ブランドのバッグ(母の週刊誌から勝手に応募)、金券、DVDプレーヤーと半年足らずでかなりの高額商品を連続ゲットしたのでした。

思うとくじ運が強かったなーと。

でも一番はMDコンポだったな、5年くらい使ってMP3プレーヤーの登場で役割を終えましたが思い出がたくさんあるねー

音楽だけでなく思い出までも詰まっているMD。

本来はMiniDiscの略ですが私にとってはMemoriesDaichiであります・・・


・・・


すいません、今夜のブログはここいらで閉店ですまたお越しください。

ps、ジャンプは気付いたら捨てていました。





securedownload (1)




山梨県で活動するマジシャン藤田大知のホームページは
こちらからアクセス。是非ご覧ください。

twitterアカウント
あわせてどうぞ。
みなさまのアクセスお待ちしております。




風が強い

だいち


まぁ僕のほうが強いんですけどね!

・・・、山梨は風が強くて身体がきゅーーっと絞られた感じがします。100%ジュースができちゃうくらいです。

もう1月が終わってコンビニやスーパーではバレンタインコーナーが充実、2週間後にはホワイトデーへと。
お店で売っているものは当然だけど季節を先取りするから「もうこんな季節か」と、なんだか追い越された錯覚におちいります。

バレンタインといえばね、高校生の時だなー

クラスに人気の女の子がいたわけ、仮に山田さんとして。当然チョコは欲しいですよ、でもそんなそぶりは見せないのが男子のけなげな努め。

なにごともなく放課後、その日は母に車でおむかえに来てもらっていたのね。

「着いたよ」と母からメール。僕は「待ってて」と返事をして10分後くらいに車に行ったのよ。

するとだ「これ、山田さんから預かったよだいちに渡してって」と一箱のチョコレート。

まぁ舞い上がって嬉しくて嬉しくて、直接渡さず母越しにって可愛いとこあるなー!なんて、でもそんなそぶりを見せないのが息子のけなげな努め。

「あーそうなんだ、なんか言ってた?」と当時は遠回しに、今思うとドストレートに探りを入れるとね

「久しぶりに顔見たかったって、また今度家の息子君とも遊んで〜だって」。と伝言。


・・・・・・


・・・ああはいはい、中学の同級生のお母さんの山田さんね、ああはいはい、わかってましたよ。

いやまったくもう、そんなわけないじゃない。そりゃそうですよわかってましたとも。



・・・青春とチョコレートはどちらもほろ苦いものです。

夜にこれ以上冷えてはいけないので、このへんで締めくくります。




securedownload (1)




山梨県で活動するマジシャン藤田大知のホームページは
こちらからアクセス。是非ご覧ください。

twitterアカウント
あわせてどうぞ。
みなさまのアクセスお待ちしております。



プロフィール

1989daichi1226

Author:1989daichi1226
山梨県で活動するマジシャン
藤田大知のブログ。持病である「マルファン症候群」と向き合い活動中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR